現在Trim-net SHIMADAでは600品番近い数のボタンを取り扱っています。一概にボタンといってもその種類は様々で、水牛の角や貝といった天然素材を原料とするものや、金属やプラスチックなどの天然物以外を原料とするものなど多数ございます。今回はそんなボタンの種類や特徴についてたっぷり紹介していきたいと思います。

目次
天然素材ボタン
 〇水牛ボタン
 〇貝ボタン
  *白蝶貝ボタン
  *黒蝶貝ボタン
  *茶蝶貝ボタン
  *高瀬貝ボタン
 〇ナットボタン
 〇革ボタン
樹脂ボタン
ボタンの用途別サイズ
まとめ

【天然素材ボタン】

○水牛ボタン

水牛ボタン

水牛ボタンはインド水牛やオランダ水牛の角を原料としたボタンです。水牛の種類によって色が異なります。また同じ角からできたボタンであっても柄や色が同じにならず、一つ一つにバラつきがあるのが特徴です。角先はトグルボタン(ダッフルボタン)として使われます。

○貝ボタン

貝ボタン

白蝶貝ボタン

貝ボタン、白蝶貝

貝ボタンの中でも白蝶貝は最高級品であり、高級シャツやドレス、アクセサリーなどにも使用されます。真珠のようなきめ細やかな輝きが美しく、供給量が少なく希少価値が高いため高値で売買されています。

黒蝶貝ボタン

貝ボタン、黒蝶貝

黒蝶貝は真っ黒ではなくパールのような美しい光沢が特徴です。黒色なのにクールになりすぎず、柔らかい風合いを持っています。また光の当たり加減によって綺麗な黒光りや緑色の反射が大変美しく魅力的です。

茶蝶貝ボタン

貝ボタン、茶蝶貝

茶蝶貝は赤みを帯びた茶系の色味で、光の当たり加減で虹色に輝く光沢が美しく、色彩的に温かみのある風合いが特徴です。

高瀬貝ボタン

貝ボタン、高瀬貝

高瀬貝は円錐体の巻貝でボタンに最もよく使われます。沖縄では食用とされており捕獲量も多いので貝ボタンの中でも比較的安価で手に入りますが、白っぽく淡い虹色の色調は高瀬貝ならではの美しさがあります。

○ナットボタン

ナットボタン

ナットボタンは南米エクアドルに自生する熱帯植物のタグアヤシの木の実が原料となっており、ボタンの原料となる種の部分が乳白色であることから「アイボリーナット」とも呼ばれています。またナットボタンは元のアイボリー色だけでなく後染めの染色加工を施すことで、生地に合わせた色味にすることが可能です。染色後も天然素材ならではの年輪のような渦模様が見られ、あたたかく柔らかい風合いを持たせてくれます。そんな柔らかな印象を持たせてくれるナットボタンですが、実際は耐久性に優れ、固く割れにくい最強ボタンなのです。

○革ボタン

革ボタン
革バスケットボタン

革ボタンは牛や馬、山羊、豚などの皮が原料です。革を一つずつボタンの形に編み上げ、型押し機でプレス形製されたバスケットタイプ(右)や、厚みのある板状の皮をボタンサイズに抜き、型押しした一枚皮タイプ(左)などがあります。

【樹脂ボタン】

○ポリエステルボタン

石油から作られるポリエステル樹脂が原料で、耐熱性・耐薬品性に優れているため天然素材調の幅広い表現が可能です。製法により、棒管ポリエステルボタンと板状ポリエステルボタンに分かれます。

○ユリアボタン

尿素とホルマリンにアルカリ性物質を加えたもので、原料段階で色付けされるため堅牢度に優れています。さらに安価で強度も高いのでボタンとして最強条件です。しかし製造過程でホルマリンを使用している為、乳幼児服等への使用には注意が必要です。

○ABS樹脂ボタン

ABS、ポリエステルなどのプラスチック素材に化学処理とメッキ加工を施したボタン。A:アクリルニトリル・B:ブタシェン・S:スチレンの頭の文字を並べた名前。金属素材と比べ軽い為、代替品として幅広く用いられています。

【ボタンの用途別サイズ紹介】

ボタンのサイズ

ボタンのサイズとは直径の大きさを指しており、その単位はミリメートル(㎜)で表されます。シャツやジャケット、ズボンなど様々なアイテムに使われてるボタンですが、用途によって使用されるサイズが異なります。最後にこのボタンの用途別サイズについて簡単にご紹介します。

  • ブラウス・Yシャツのフロントボタン:11.5㎜
  • ブラウス・Yシャツの襟や袖口:9㎜or10㎜
  • スーツのジャケットフロントボタン:20㎜
  • スーツの袖口:15㎜
  • コート:20㎜、25㎜、30㎜

これはあくまでも一般的なものですので、もちろんデザインなどによって変わることもあります。ぜひ参考にして頂ければ幸いです♪

まとめ

様々なボタンを紹介してきましたが気になるボタンはありましたか?天然素材、樹脂素材それぞれに長所、短所もあります。素材の特徴を知ることで見た目だけでなく、機能的にも用途に合った商品をお選びください。Trim-net SHIMADAでは600品番以上の種類に加えて様々な色展開やサイズをご用意しております。ご希望のボタンに出会えること間違いなし!もしイメージする商品が見つからなければお気軽にお問い合わせくださいね。

次回は種類別にさらに詳しくボタンを紹介していきます。

Trim-net SHIMADA BLOG